GarageBandで作る電子音楽②『月世界旅行』

先日の投稿でお送りした曲『月世界旅行』は、初めてアプリケーション上で完成させた曲です。

是非一度ご視聴下さい。

この曲は星の瞬きをイメージして、宇宙旅行の切なさを表現してみました

割と深みを出したつもりですが、じつはわずか8トラックの音しか使用していません。(LRに音を分けているだけで実質、音の種類は6つだけ)

上から順に

①オープニングのキラキラした音(左)

②オープニングのキラキラした音(右)

③ベース(シンセサイザー)

④バスドラム

⑤スネアドラムとシンバル

⑥途中から入るシンセサイザー(左)

⑦途中から入るシンセサイザー(左)

⑧サビのシンセサイザー

で構成されています。

ほとんどの音がワンフレーズをループしているだけで、じつは中身は非常にシンプルです。

しかしこれを生演奏で作り出そうとすると、非常に忍耐力を必要とする音楽になってしまいます。

こういった音楽制作ツールがあったからこそ生まれた曲といえるでしょう。

長くなりそうなので、次回の投稿で、引き続きGarageBandの魅力をお伝えいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA