勉強しやがれ!~ちゃんと勉強しないとMONTANAみたいになっちゃうぞ!~

いつもブログを見ていただいている方々、どうもありがとうございます。

今日はMONTANAの楽曲「勉強しやがれ!」のお話です!

まずはこちらをどうぞ!↓

この曲はMONTANAのライブで定番の楽曲で、「歌詞が素晴らしい」とよく言っていただけます。

そしてシンプルですが、一番作るのに頭を悩ませた楽曲でもあります。

ドラムから弾き語りに転向した際、名曲を作ってやろうと夜な夜な公園で作曲し、ノートに歌詞を書き溜めるという日々を半年くらい続けました。音楽人生でこのときが一番辛い時期でしたが、この曲の存在価値は計り知れないので、それだけ苦悩した甲斐があったと感じています。

学歴社会への皮肉を伝えたかったのですが、それと同時に「学校で評価されなくても、好きなことを貫いてほしい」というメッセージを込めたかったので、こんな歌詞になりました。ちょっぴり回りくどい言い回しですが、自分の人間性を一番表現できてる歌だと思っています。

メンバーにもこの曲があると「ライブが締まる」と言われるので、いつもライブの終盤で演奏しています。まさにローリング・ストーンズの「Satisfaction」のような立ち位置の楽曲です。

ローリング・ストーンズが活動58年目で、未だに「Satisfaction」でライブの最後を締めるように、MONTANAも「勉強しやがれ!」とは長い付き合いになっていきそうです。偏差値が低くても、学校に馴染めなくても、楽しく生きる術はたくさんあるので思い悩んでいる学生さんは是非聴いてみてください。

早くライブで皆様の前で歌えますように!

ではまた次回!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA