二胡の音色をGarageBandで簡単に体験~中国の歴史を感じる音楽を作ってみた~

二胡(Erhu)とは中国の伝統楽器で、二本の弦を弓で鳴らす独特の美しい音色が特徴的な楽器です。メジャーなところですと女子十二楽坊が演奏されています。ポピュラーな楽器ではないですがその音は誰もが一度は耳にしたことがあると思います。

二胡は珍しい楽器ですので、購入したことのある人、ましてや演奏できる人はとても少ないと思います。もし楽器屋で見つけても試奏するのはハードルが高いですよね。あの美しい音色を一度試してみたいとお考えの方はAppleのアプリ「GarageBand」を使ってみるのをお薦めいたします。

GarageBand画像1
黄色で囲っているErhuが二胡です。
GarageBand画像2
弦に触れると音が出ます。

こんな画面で簡単に音色を試してみることができます。デジタル加工されたものですので本物とはやはり違いますが、十分に雰囲気を味わうことができます。↓が私の作品です。

この曲は二胡を一定のフレーズでループさせているだけですが、コーラスやシンセサイザーを後半に足していくことでそれっぽい楽曲にしています。この透明感のあるコーラスもGarageBandのシンセサイザーで作ることができます。「三国志」や漫画のキングダムで描かれている「春秋戦国時代」のような昔の中国をイメージさせるような音楽に仕上げてみました。他に琵琶や琴といった楽器を混ぜてオリエンタルな雰囲気を演出しています。

GarageBand画像3
この曲だとこんな構成になっています。

こんな風に日常では触れる機会が少ない楽器をお手軽に試せるので、ちょっと二胡を味わいたいくらいの方はGarageBandを使ってみるのが最適だと思います。

私はGarageBandの作品はiPad Proで作っていますが、iPhoneでも作ることができるので気になる方は是非お試しください。⇒説明サイトはこちら

まだまだGarageBandの世界は広いのでこれからも勉強していこうと思います。

ではまた次回 ^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA