有田プロレスインターナショナルepisode17の感想【プロレスラーの入場曲は学びがいっぱい】

今回はプロレスのお話です。

有田と週間プロレスと」が名作過ぎたゆえに、
期待外れの声が多く上がった後継番組「有田プロレスインターナショナル」ですが、
episode16~17でようやく面白くなってきた気がします♪

番組放送当初は敢えてプロレスを知らない人を入れて、
そこから生まれる化学反応を楽しもうという趣旨のようでしたが、
やはりプロレスはマニアが集うのが面白い!
福田さん、ケンドーコバヤシさん、ビビる大木さんの黄金メンバーが揃うと面白いですね♪(*‘∀‘)

有田プロレスインターナショナル

有田プロレスインターナショナル、略してAインターAmazon Prime Videoで放送しているプロレス雑談バラエティです。
興味のある人は「有田と週間プロレスと」から是非観てみてね♪(*‘∀‘)

プロレスラーの入場曲(ネタバレ注意!)

今回はプロレスラーの入場曲にスポットを当てた企画で、
好きな入場曲を聴く、ただそれだけなのですがチョイスが良すぎて夢中になってしまいました♪

episode17でチョイスされた入場曲は、

ジャンボ鶴田J

UWFプロレス・メインテーマ

タイガー・ジェット・シンサーベル・タイガー

アンドレ・ザ・ジャイアントジャイアント・プレス

ストロングマシーンWe are No.1

昭和のレスラーの入場曲はどれも演奏力が高く、
ブルースやプログレの影響の強い親父ギターロックが多くて、
BGMとしてもロックの教材としても素晴らしいなと改めて思いました♪

dragon-image
影響でApple Musicで朝からドラゴンスープレックスを聴いています♪

新日本プロレスのような大きな団体のレスラーは入場曲を持っていますが、
小さな団体ももう少し入場曲にはこだわって欲しいと思っています(;´∀`)

episode16の木村健吾選手の入場曲の爽やかさにはさすがに笑ってしまいましたが♪

オープニングでエンターテインメントの3割くらいは決まる!

プロレスラーの入場曲しかり、プロ野球選手の入場曲しかり、
はたまたアニメのオープニング曲しかり、
最近は楽曲を安易に決めすぎ!!

オープニングでエンターテインメントの面白さは3割くらい決まると思っています。

タイアップも大事だし、自分の好きな楽曲を流すのも良いとは思うけれど、
長州力=パワーホール」みたいになるように、一生付き合う妻のように入場曲は大事に選んで欲しいですね♪

そんな訳でMONTANAもいつかプロレスラーの入場曲に選ばれるような楽曲を作ってみたいと思います♪

マニアックな話でしたがではまた次回!

※追伸:プロレスグッズを買いに行く放送回も結構好きです♪

matane-image
Spotify、Amazon Music、Apple Musicなど各配信ストアで作品公開中です。

是非フォローしてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA