有田プロレスインターナショナルepisode18にウォーズマン理論を感じた!【Aインターの感想】

すいません。またまたプロレスの話です。最近プロレス熱が出てまして…(;´∀`)

有田プロレスインターナショナルAインター)が最近面白くなってきました♪
episode18は有田さんとケンドーコバヤシさんによるプロレスクイズ王決定戦。

今回もキャスティングが良く面白い放送回でしたね♪( *´艸`)

プロレスクイズ王

徐々に「有田と週間プロレスと」に寄って行っている感じは否めないですが、
今回の企画も大変面白かった♪♪

問題のチョイスも素晴らしいし、
お互いの力を引き出し合っている感じがして、
ずっと観れる感じがしました♪

(アントニオ猪木vs藤波辰爾&長州力のタッグマッチ問題なんかは変態的でしたね( *´艸`))

今回のAインターの放送回を観ているとプロレスつながりで、
なんだかキン肉マンのウォーズマン理論を感じました♪

ウォーズマン理論とは?

ウォーズマン理論とは漫画「キン肉マン」でウォーズマンがバッファローマンとの戦いで放った、
とても非科学的な理論です。

武器(ベアークロー)を両手に付けてパワー2倍!
いつもの2倍高くジャンプしてさらにパワー2倍!
加えていつもの3倍回転してパワー3倍!
計12倍!!!

100万パワーのウォーズマンと、1000万パワーのバッファローマンの10倍の力の差を埋めるため、
ウォーズマンは上記の理論で1200万パワーの力を出し、バッファローマンに一矢報いることに成功しました。
(※詳しくはキン肉マンの11巻を読んでみよう♪)

この理論を小学生の頃読んで、馬鹿馬鹿しくて大笑いしていたものですが、
エンターテインメントとはこんな単純な計算式で出来ているんだなと、
Aインターを観ながらしみじみ思うのでした。

koudawars-image

エンターテインメントはウォーズマン理論で出来ている!!

今回のAインターは、
面白い人が集まることで面白さが倍になり、
プロレスという共通の話題で倍になり、
知恵を振り絞ってさらに倍になり、
というとても単純な計算式で成り立っている気がしました。

まさにウォーズマン理論。

miyagawaspecial-image

思えばバンドもそうで、

良いメンバーが集めって倍、
良い楽曲が合って倍、
良い演奏ができてさらに倍と、
そんな単純な計算でできている気がします。

怖いのはどこかが0になると成り立たなること。

MONTANAはどこの要素も欠かさぬよう、
頑張り続けたいと思います♪

そんな訳でブルーザーブロディ&スタン・ハンセンvs マスカラス兄弟のYouTubeを観て、
自分もプロレスの勉強に励むのでした♪

ではまた次回♪

matane-image
Spotify、Amazon Music、Apple Musicなど各配信ストアで作品公開中です。

是非フォローしてください♪